理解し合い、上手く付き合いたい カンボジア実習生

近年、日本では増え続けている海外からの実習生。
中でも中国をはじめ、アジア諸国の人材が目立ちます。

カンボジアの実習生に関するご質問を解決いたします。

日本語の習得のほか、様々な技術を身につけようと意欲を持って日本にやってくる彼らですが、皆が成功体験をしているわけではありません。
もちろん日本語の能力が高ければ就労でも可能性は広がり、逆に言語でつまづくと単純作業に終わり、使う側も使われる側も単なる労力として見るのがせいぜいでしょう。


何よりもまずは言語、コミュニケーション能力なのですが、それ以外にも知っておくとよい点が幾つかあります。


国や文化、宗教などのバックグラウンドによって一定の性格がつかめます。例えば、カンボジア実習生の場合ですと、中国人のようにヤル気を露骨に見せることはありませんが、シャイな一方でこつこつと成し遂げようとする傾向があります。



フィリピン人のようにおしゃべりで愛想のよさは見せないかもしれませんが、カンボジア人は慣れれば人懐っこく、家族を大切にし、日本人に近い感覚も持ち合わせています。
相手は雇われの身であっても、こちらが単なる労力と割り切って理解する姿勢を見せなければ、結局のところカンボジア実習生もそういう対応に留まります。



ですが、こちらも日本人のやり方や考え方を理解してもらいたいと思うのと同じで、異国の地で不安な環境において、理解してもらえていると分かれば落ち着き、相手に応えようとする気持ちも強まります。互いに理解し合い、上手く付き合うことで、労力を超えた収穫につながるはずです。