最も多い職業が稲作のカンボジアから技能実習生を

アンコールワットなど日本人にも人気の観光スポットがあるカンボジアから、技能実習生を呼ぶケースが増えています。


なぜかというと、地理的に近いだけでなく、カンボジアで最も多い職業が稲作だからです。
つまりお米作りに親しんでいる国民なので、来日しても早く技術を習得する可能性があります。


もちろん食事もお米を食べるため、日本食にも馴染みやすく、長期間滞在しやすいのもメリットです。

いろいろなカンボジアの技能実習生関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

パンなど洋食ばかり用意しなければならないという心配もありません。

言語は日本人同様、英語が母国語というわけではないので英語があまり得意ではない方もおり、日本人も安心です。
気になる日本語能力ですが、いきなりカンボジアからストレートに現場に赴くのではなく、まずはカンボジア国内にある派遣センターなどで、日本語や日本文化をしてから来日することが多いです。なので日本に対して予め知識を持っているので、研修を受けてきた場合は安心です。
性格では、他の外国人に比べて穏やかな気質の国民が多く、あまりハメを外さないところも日本人に似ていると言われています。
もし農業で人手不足を感じていたら、カンボジア人技能実習生の受け入れを検討してみてはどうでしょうか。



若手の方がたくさん登録しています。



特に一刻も早く人手が欲しいという時は、稲作文化など日本と共通している面から見てもおすすめの国です。

技能実習生を紹介してくれるセンターは増えているので、一度相談してみましょう。