自動車工場がカンボジアから技能実習生を招待すると

自動車工場がカンボジアから技能実習生を招待した場合は、ある程度なら仕事ができるので、軽作業を行う部署へまわされます。

そして、一緒に仕事をしていくことになりますが、日本の風習に慣れていないので、機会がある時は教えてあげます。言語については通訳が常に一緒なため、それほど不自由はないですが、関西弁や九州弁を英語に解釈するのは難しいので注意です。招待してしばらく経つと技能実習生が工場の隅に座って、涙を流し始めることがあります。
その時は、通訳を見ると右往左往しているため、見ているだけでも楽しいかもしれません。


ただ、技能実習生は放置してはおけないので、事情を聞くことになります。


泣いている理由は、故郷であるカンボジアが恋しくなった場合がほとんどです。

カンボジアの技能実習生情報はこのサイトにおまかせ下さい。

対策としては、カンボジアの故郷へ国際電話をかけるのが良策と言えます。



この時は、通訳に1週間に1度程度は、故郷へ電話をするように要請しておくと対策に効果的です。

技能実習生で選ばれるのは若い人間が多いので、仕事を覚える速度が速いです。

なので場合によっては、その部署内で最も仕事ができる人間へと変化していることもあります。
ですが、期間がくればカンボジアへ帰ることになるので、会社側からすれば勿体ない話と言えそうです。

技能実習生はカンボジアへ帰ると、自動車工場で働いて得た知識と技術を国内の人達に教えていきます。

そして、両国の密接な関係強化につながったため、国から褒められます。